性病 クラミジア


性病のクラミジアは日本において最も多い性病(STD)です。クラミジアの感染者数は100万人以上ともいわれています。そして、高校生対象に行われた検査では、性経験者のうち女性は13.1%、男性は6.7%が感染していたとの報告もあります。クラミジアは、特に、10代後半から20代にかけて感染者が増加しているそうです。

性病 クラミジアの感染経路


性病のクラミジアの感染経路は、感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染です。その為、
性器と性器が触れ合う性交渉はもちろんのこと、口と性器などのオーラルセックスでも感染します。また、口と口、つまりディープキスでも感染するとも言われています。クラミジアは、性器以外でも喉クラミジアと言われるものがあり、喉の粘膜にも感染します。

さらに、クラミジアは感染力が強く、一説では2回に1回、つまり50%以上の確率で感染者とこれらの行為を行うことで感染してしまうといわれています。


性病 クラミジア 症状


性病のクラミジアの厄介な点は、感染しやすいこと、ほとんど症状が出ないことがあることがあげられます。これはクラミジアに感染していても、本人が感染している自覚症状がないということになります。
その為、気づかずにパートナーにうつしてしまうケースも多くあるそうです。もし、クラミジアに感染してたのであれば、パートナーも検査を受けるほうが良いでしょうね。

▍クラミジアに感染した場合の男性の症状
・尿道からの分泌物うみ
・排尿時の軽い痛み
・軽い発熱や痛み
・尿道のかゆみ、不快感、違和感、痛みなど
・喉の腫れ、痛み
治療せずに放っておくと、前立腺炎や血精液症になることもあるとのこと。


▍クラミジアに感染した場合の男性の症状
・おりものの増加
・セックス後の軽い出血
・下腹部の痛み
・喉の腫れ、痛み
治療せずに放っておくと、卵管炎をおこし子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあるとのこと。




性病 検査キット クラミジア


クラミジアの厄介なのは強い感染力と感染しても自覚症状がないことが多いことです。
もし、パートナー以外の相手と関係を持ったり、パートナーが変わった際、不特定多数の人と行為を持ったことがあるなら、クラミジアについての検査を行ったほうがいいかもしれません。

クラミジアは知らず知らずのうちにパートナーにうつしてしまうリスクの高い性病です。
でも、いざ検査となると・・・。

・病院に行く時間がない
・性病検査を受けていることをパートナーなど周りの人に知られたくない。
・保険証を利用するのがイヤ
・病院に行くのが恥ずかしい

などと、自覚症状がないのにそこまでしなくても。。
と思われる方、手がるにできる自宅用の性病検査キットにクラミジアの検査はあります。
費用としては、メーカーによって違いがありますが3000円~5000円程度。
他の性病をセットで検査することもできます。

自宅用の性病検査キットは匿名検査が出来たり、発送される検査キットを自宅に届けることなく、ヤマトセンター留めや郵便局留め、またコンビニ宛てなどにできるものもあります。全く周りに知られることなく検査結果を知ることが出来ます。

そういったクラミジアの性病検査キットはネットで依頼することが出来ます。
有名なメーカーを等サイトでも紹介しているのでぜひ参考にしていただければと思います。

クラミジアなどの性病検査キットを取り扱うメーカー情報コチラ⇒性病 検査キットトップページ